中学入試の男子の服装

中学入試における男子の服装について

一般的に、中学入試で服装の指定がある学校はそれほど多くはないようです。
しかし、それなりのドレスコードのようなものは暗黙の了解としてあるでしょう。
特に男子の場合は女子に比べると服装のバリエーションも少ないので、戸惑う保護者の方が多いようです。
私立の小学校などに通っていて制服がある場合は、その制服を着るのが無難です。
しかし、言うまでもありませんが着崩したりするのはもってのほかです。

 

その学校の規定をきちんと守りましょう。
特に制服などがない場合、やはりそれなりにフォーマルを意識した服装になるでしょう。
ただし、きらびやかな格好をするという意味ではありません。
簡単に言うと「卒業式の服装」をイメージすると無難でしょう。
具体的には男子の場合、「ブレザー、シャツ、セーター(ベストやカーディガン)、パンツ、黒っぽい靴」といったところです。
特に高価なものでなくても、清潔感があれば構いません。
むしろある程度着なれた服だと安心です。

 

ただでさえ中学入試という場で、子どもは緊張を強いられています。
あくまで「お出かけ着として恥ずかしくない」服装でありながら、子どもがリラックスできる服であることが大切です。
ある程度着なれた服であれば動きやすいし、子どももいつも通りの力を発揮できるでしょう。
もちろん、シャツにアイロンがかかっていること、靴は磨かれていることなど、細かい部分のチェックもお忘れなく。
服装ばかりに気を取られがちですが、男子の場合意外と見落としがちなのが寝癖です。
家を出る前に姿見で全身を確認すると良いでしょう。