中学入試と過去問

中学入試と過去問とコピー

中学入試を考える上で、過去問を解くことは必ず行わなければならない勉強法と言えます。

 

実際、過去問と同じ問題は出ませんが、それに似た傾向の問題が数多く出題されており、その学校のテストの雰囲気を掴むためには最適の内容と言えます。

 

しかし、中学入試で過去問となると膨大な量が必要になるのではないかと考えがちです。
なぜなら、志望校を選ぶにしても大学以上に候補が多くなるので、どうしても解きたいと感じる学校が多くなります。

 

また、学校の中には別の学校と似通った傾向の問題を出題する場合もあるので、そのような時に過去問題集を何冊も買うのかといえばそれはもったいないようなことになりかねません。
そういった場合にお薦めなのが塾を活用してコピーをすることです。
塾などでは大抵の問題集が揃えられているので、志望校がマイナーでもない限り、原本を容易に閲覧できます。
塾内で問題を解けばただで済みますが、コピーをすることがよりおすすめと言えます。
塾の中で勉強するとなると時間的な制約があるため、余裕を持った学習は行えません。

 

また、解説などを雑に読んでしまいがちです。
問題をとくだけでなく、解説をしっかりと読み込んで自己学習を濃密なものにする事こそが合格のために必要なことですので、雑にならないように必ず確認しましょう。
なお、本当に行きたい志望校であればコピーではなく、過去問の問題集を買って、なんども復習して解くようにすることがおすすめです。