中学入試と模試の日程

中学入試と模試の日程について

中学入試を目指すにあたって、ほとんどの受験生たちは、事前に年間スケジュールを立てた上で、学習に取り組んでいます。
その年間スケジュールの作成にあたって、必ず抑えておかなければならないもののひとつに、模試の開催日程があります。
学習の進捗度合いは、教科書や参考書の節目を目途に組み立てることができますが、模試の日程については、各自の学習の進捗度合いに合致した形では実施してくれません。
あくまで、一定の期間が経過したことによる、その時点での実力を測るものになります。

 

模試は、個々人の学習の進捗度合いを把握する指針になります。
苦手としている分野が明らかになります。
また、手をつけていない部分、見落としていた部分、軽視していた部分などを浮き彫りにしてくれますので、その結果に基づいて、中学入試のスケジュールの見直しをおこなうことができます。

 

模試の試験範囲は、本番の中学入試と同様の小学校6年間全てにわたる学習内容になります。
模試の日程が近づいてきたからといって、あわてて猛勉強をおこなったとしても、決して間に合うものではありません。
あくまで、自分自身の実力にあわせて、学習のペースを崩さないで取り組んでいくことが大切になります。

 

また、結果として順位や志望校への合格率などが示されます。
これらも、あくまで目安に過ぎません。
限りなく志望校への合格率を高めるためには、数回にわたって定期的に模試にトライしていくことが大切に成ります。