中学入試と計算の重要性

中学入試と計算の重要性について

中学入試をするなら、受験校に関わらず十二分の計算力をつけておく必要があります。
まず計算は算数のみならず理科においても必要とされます。
また、中学入試のテストは小学生に対する問題なので、複雑な公式を用いる問題などは出題できません。

 

結果として、処理能力の高低を計算スピードの速さで判定することになります。
処理のスピードが遅いとどうしても見直しにかけられる時間が少なくなってしまい、ミスを訂正できなくなってしまいます。
合格最低点付近は非常に僅差で合否がわかれる傾向が中学入試では強くみられるため、ミスを訂正する時間的余裕を生み出すためにも計算スピードを上げることは非常に大切です。
もちろん基本的な加減乗除を正確かつ高速で行えることは不可欠なのですが、より重要性が高いのは計算の工夫をできるだけ多く活用することです。

 

具体的には、極力筆算をせずにすむように値を位ごとに分ける練習をしておくべきです。
中学入試においては一部中学で習う知識を持っていると有利になるケースがあります。
計算の工夫においても、中学で習う分配法則や結合法則を意識させるとスピードと正確さがアップします。
小学生でもかっこの意味は学習するので、意識を向けてやりさえすればスムーズに吸収していけます。
中学入試をするなら学習範囲を小学校算数に絞ってしまわず、役立つ知識であれば中学数学の知識も取り入れていくことで効率的な解法で解けるようにしておきましょう。